[体験談]退職したときのブラック過ぎる話を暴露

IT業界の闇
この記事は約6分で読めます。
イザベラ
イザベラ

いまどきブラック企業も減ってきたよね。

ふぃる
ふぃる

そんなことないよ。表に出ていないだけでたくさんあると思うよ。

イザベラ
イザベラ

例えば??

ふぃる
ふぃる

あるあるだけど、退職のことで揉めたりね。

スポンサーリンク

あ、私のことですね(笑)

IT業界だからというわけではありませんが、以前私が勤めていた会社のお話になります。



以前こんな記事を書きました。

この記事の中では「転職ありきの就職」のオススメをしましたが、

転職するためには退職が必要です。


企業によってはその「退職」に苦労することもあるので注意が必要です。



それでは、私の体験談をお話しましょう。

完璧な転職活動とその下準備

「よし、転職しよう」と決意として、1週間後には転職活動を開始、2週間後には面接を毎日組み、3週間後には内定が出ました。


とても順調でした。


エンジニアって特に辞めるタイミングが難しい気がします。

プロジェクトを途中で抜けて、迷惑をかけてしまうと考えたら躊躇してしまうかもしれません。

だからといって、プロジェクトの切れ目を狙うといつになるかわかりません。


私の場合は円満に辞めるために「転職先が決まって年休消化に入る直前までの契約でOK」というなんともありがたい条件のプロジェクトを自分のコネで見つけて、そこに参画していました。


仕事的にはキリ良くやめることができる準備は万全でした。

また、抜けたあとも誰かを補充しなければならないという調整もなく、引継ぎもありませんでした。


業務の観点で会社に迷惑をかける要素は微塵もありませんでした。

「年休消化直前まで売り上げを作って辞める」というストーリーは完璧です。


次も決まった。


仕事のキリも良い。


我ながら完璧な根回しと準備でした。

あとは、退職の意思を会社へ伝えるだけです。

楽勝、楽勝!


そう思っていました。

いざ、退職願を提出!

退職日を翌月末、20日弱の年休消化希望を書いた退職願を課長に提出しました。


事前に課長には話をして、納得してもらっていたので承認。

部長も事情はわかっているので、そのまま承認。


問題は、次の事業部長でした。


唐突に直接電話がかかってきて、以下のことを言われたのでした。

・まだ続けようと思えば続けられるプロジェクトを途中でやめることは懲戒処分相当

・年休全部消化するなんてありえない。

・休みを取らずにギリギリまで稼いでカッコよく去ってほしい

・月末が退職日の場合、その前日にするという風習があるから前日にしてくれ

もう問題発言しかありません(笑)

でもその時の私は面倒を避けるために月末前日退職を承諾し、年休は様子見て検討ということでその場の会話は終了しました。


その後、退職日を前日にずらして退職届を提出しました。

さあ、年休消化について決定せねば

2週間後、現行のプロジェクトの終了日が確定したため、その翌日から年休全消化しても問題ない旨を事業部長へ連絡しました。


さすがに問題ないだろうと思ってました。





…甘かったです。ブラック上司を見くびっていました。





再度かかってきた電話で言われたことは以下です。

・プロジェクトの終了日に退職すれば年休消化しなくて済むよね。

・年休の全消化は会社へ印象が悪くなる。

・年休消化を半分にして〇〇プロジェクトでも手伝うって言えば、まだ通りが良いからそれでいこう。その内容で課長に報告書を書かせて、エスカレーションしてもらって。

意味がわからなくて怒りが収まりませんでした。

同時にこんな人だとは思っていなかったのでとてもガッカリしました。


しかし、またもや面倒を避けるために年休消化の短縮を承諾しました。


〇〇プロジェクトは直近まで私も関わっていて、思い入れのあるプロジェクトであり、最後に一緒に働きたいと思える上司と仲間もいるため、納得することにしました。


ちなみにそのプロジェクトは、既存プロジェクトのヘルプのため、私が参画しても売り上げは増えません。

年休を取らせないために無理やり仕事を詰めたかっただけなのです。

めちゃくちゃですよね。


その後、課長へ報告して、改めてエスカレーションしてもらいました。

退職願、退職届と同じように課長と部長まで問題なく承認は通りました。

そりゃそうです、事業部長が決めたことが道中で覆るはずがありません。


…が、



…甘かったです。事業部長で差し戻しされました。




頭からハテナが消えませんでした。

意味が分からないにもほどがあります。

だって事業部長の決めたことそのまま書いてあるだけなんですよ!?!?

差し戻しの内容とは…?

部長に差し戻された事業部長のコメントは以下になります。

中途半端で終わらないようにもう1週間作業させた方が良いから、年休を1週間だけにするように指導して下さい。

ええええ!?!?!?

何言ってるんだろう…。

課長は「まとも」な人なのでずっとキレてましたね(笑)


部長も憤慨していて、自分が事業部長を説得させると言ってくれていたので、いったんまかせることにしました。


…数日後、無事事業部長の承認は通りました。経緯は聞かされていないのでわからないです。




よし、転職先も決まった、退職日も決まった。年休消化期間も決まった。


あとは年休申請を出そう、さすがに通るでしょ、それでおしまい!



…と思っていました。

ブラック上司のトドメのひとこと

なんかもうお決まりの流れになってきましたね。



年休申請を提出しましたが、課長と部長まで問題なく承認は通りました。



問題はその次です。




なんと




大丈夫でした。



さすがに事業部長の承認も通りました。





ん?



よく見るとコメントがついています。

どれどれ…。

権利だからといって年休をフル消化することは年休の本来の目的から逸脱しているので、これからは大人になってください。

……。



……。



ええええええ????


何を言ってるんだ、この人は。



大人って。


大人って(笑)




辞める決断して良かったと心から思いました。

みなさんは言うこと聞く必要ないですよ~

さて、びっくりしますよね。

よくネット記事でみるような出来事が自分の身に降りかかるとは思ってもみませんでした。

ましてやどちらかといえばホワイト企業だったので、信じられませんでした。


今回の問題点をまとめてみます。

・会社は年休を拒む権利がないのにフル消化を認めず、短縮した。

・退職日を変更したのに会社都合退職にしない。当然解雇予告手当も支払わない。

明らかな労働基準法違反です。


もちろん言うことを聞く必要はありません、すぐに労基に報告しましょう。



私たちには職業選択の自由が認められています。

悪とは断固戦いましょう!



今までも問題になってこなかったので、言えなくて言いなりになっていた退職者もたくさんいたと思います。

私も面倒なので呑んでしまいましたが、今後の人たちのために労基への報告は行いました。ちゃんと動いてくれることを祈るばかりです。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました