未経験者でも簡単にシステムエンジニアになる方法があります。

IT業界への就職
この記事は約6分で読めます。

ITエンジニアってとても専門性が強く、就職するためにはかなりの努力と勉強をしなければ難しいと思っていませんか?

実はそんなことはありません。

本記事はあくまでも”就職すること”を目的としてお話しますが、誰でも簡単にITエンジニアになることが可能です。

スポンサーリンク

ITエンジニアの種類と会社の種類

一口にITエンジニアと言っても色んな種類があります。

いくつか例をあげてみます。

・システムエンジニア

定義が曖昧で、システムの設計士的な役割と説明されることが多いです。

システムエンジニアが建築士でプログラマが大工とわけのわからない例えも巷では通例になっていますが、実際には設計からテストまで何でもやることがほとんどだと思います。


私は、作業内容に関わらずシステム系(主にソフト)のエンジニアはシステムエンジニアということにしています。

ほぼITエンジニアと同じ使い方です。

・プログラマ

プログラミングをメインで行う役割です。

とは言いつつも、前述したとおり、そのほかの作業もすることが多いのではないでしょうか。

・テストエンジニア

テストをメインで行う役割です。

これをやっている人は本当にテスト関連の作業だけをしていることが多いです。

システムの品質を担保するための超重要な役割ですが、私はテストが苦痛なタイプなのでやっている人を尊敬します。

テストについては以下の記事でも扱っています。


・インフラエンジニア

サーバやネットワークを設計構築したりハードウェアをメインに扱う役割です。

ITエンジニアと言えば圧倒的にソフトウェア系が多いので、結構希少価値があり、給料も高めなことが多い印象です。

クラウドの登場で衰退していくと言われていましたが、クラウド上のサーバを組んだりと知識を活かしたまま現在も活躍中です。

・社内SE

その名の通り、社内で働くエンジニアです。

IT企業だけではなく、様々な業種の会社で社内のシステムを管理します。

情報システム部門ですね。

とても狭き門で初心者にはハードルが高いです。


——————————-

さらに各職種の中でも細分化できますが、今回のテーマではこの程度で大丈夫です。

IT企業の種類

これも分けようと思えば細分化できますが、すごく大きな括りで紹介します。

・SIer

「システム・インテグレータ」のことです。

システムを構築して導入までする会社です。

主に大手企業のことですね。



わかりやすく言うと、人貸し商売です。

例えば
「このプログラムを作って〇〇円」
ではなく、
「〇〇時間の労働力を提供して〇〇円」
という考え方です。

・パッケージ開発や自社サービス提供をやっている企業

パッケージソフトというのは、わかりやすく言うとヨドバシカメラで売っているパソコンソフトです。

店頭に並んでいるものがすべてではありませんが、製品を作って売っている企業ということです。


自社サービスは、例えば「じゃらん」作って運営していたり、「yahoo」を作って運営しているような企業になります。


・他社の製品を担いで売っている企業

作った企業は別ですが、売る権利をもらってライセンス販売や導入を担う企業です。

代理店や販売店とも言います。

中小企業はSIerから仕事をもらっていることが多いです。
 
・SESがメインの企業

SESとは「システム・エンジニアリング・サービス」の略です。

契約形態は色々ありますが、ここでは単純に「常駐」することと定義します。

※契約形態についての闇はこちらの記事で扱っています。

・BPOをメインに行っている企業

BPOはビジネスプロセスアウトソーシングの略です。

委託された業務プロセス全てを外注として代わりに行うことを言います。

コールセンターなんかはそのパターンが多いですね。


—————————
以上のような企業があります。

漠然とだけ覚えておいてください。

今回の記事で重要になるのはこのうちのひとつだけです。

就職することだけを目的にする場合に狙うべき会社

ズバリ………

SESがメインの企業」です。

理由を説明しましょう。


SESをメインに行っている企業は登録派遣の会社に近い業態になっています。

登録派遣会社に登録するのは誰でもできますよね。

その人にどんなスキルがあるのか、何が得意で何が苦手なのかは、派遣先へ提出するために必要な情報ではありますが、登録派遣会社自身に必要な情報ではありません。


その人に何が出来るのか出来ないのか、ぶっちゃけそこまで気にしません。


実際に働くのは自社ではなく派遣先ですからね。

使えない人材であれば派遣先から切られますが、また別の人を回せばいいだけなので問題ありません。

※派遣会社としての信用問題でもあるので実際にはそこまで極端ではありません。


SESをメインに行っている企業も似たようなものです。

未経験の新人でも、単価を安くして常駐先に送り込むこともできます。

常駐先も値段相応の働きをしてもらえればいいので、単純に人手がほしい作業を依頼したい場合に重宝するのでWin-Winの関係になります。

主にプログラマとして簡単な機能の開発かテスト要員であることが多いと思います。

常駐先に気に入られればなんらかのプロジェクトに継続して雇ってくれる可能性があるので、そうなると安定して仕事ができます。

そうではない場合、いろいろな常駐先を転々とすることになりますが、環境も技術も作業も本当にいろいろなことを経験できます。

ただし、以下の記事でも書きましたが、

圧倒的に下請け企業のポジションになります。

ゆえに稼ぐことに限界があり、会社の売り上げはそんなに高くないことが多いです。


イコール、給料も高くはなりにくいです。

また、顧客折衝を求めていたり、管理方面のスキルを磨きたいという場合は、そもそも機会すら与えられないことも多いです。

自社にいることも少ないので帰属意識もかなり薄れますね。


メリット、デメリットはありますが、

今回のテーマで一番言いたいメリットは

「圧倒的に未経験者でも入社しやすいこと」です。

狙うべき会社の探し方

とりあえずIT業界に就職してITエンジニアデビューをすることが目的の場合は、SESをメインにしている企業を優先的に視野に入れることも選択肢のひとつだと思います。

また、転職を前提にSESでスキルアップしてから転職というのもキャリアプランのひとつです。

ではどの会社がSESをメインにしているのか判断すれば良いでしょうか?

まずは大手ではないことです。

そして求人情報では以下をチェックしましょう。当てはまる場合はSESをメインにしている会社の可能性が濃厚です。

・面接回数が1回だけの場合
 ⇒本当にその人を見る気があるなら1回では無理です。

・勤務地がアバウトな場合
 ⇒「都内」や「市内」等

・勤務時間が明記されていない場合
 ⇒よく「客先に準ずる」と書いてます。

さらに企業のサイトをチェックしてください。

自社サービスや製品を扱っていないところや主要取引先に大手企業が入っていれば、SESをメインにしている可能性があります。

——————-


最後になりますが、SESをメインにしている企業をオススメしているわけではありません。

あくまでも最短ルートでITエンジニアになるための手段のひとつです。

キャリアプランをよく考えて自分にあった就活を見つけてください!


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました