プログラミングをやらないシステムエンジニアが山ほどいるという事実

IT業界の闇
この記事は約4分で読めます。
イザベラ
イザベラ

システムエンジニアってプログラミングばりばりなんでしょ?

ふぃる
ふぃる

そんなことないよ。出来ない人もたくさんいるよ。

イザベラ
イザベラ

ええー?そういう人は何やってるの??

ふぃる
ふぃる

別にプログラミングだけがシステムエンジニアの仕事じゃないからね。

スポンサーリンク

システムエンジニアのイメージというと「プログラミング」という人も多いと思います。

そんなことありません。あえてしない人もいれば、単にできない人もいます。

システムエンジニアとプログラマーの違い

そもそもシステムエンジニアとは何なのでしょうか?

以下でも説明していますが、

定義がすごく曖昧なので、ITエンジニアと同義でシステム開発に携わっている人をシステムエンジニアと呼んでもいいと私は思っています。

システム開発で実際にどんな作業をするのかは以下の記事で説明していますが、

どんなシステムを作るのか考える人がシステムエンジニアで、システムエンジニアが考えたシステムを形にするのがプログラマーであると言われることが多いです。

でも実際にはシステムエンジニアもプログラミングは日常的にやってます

そこはみなさんのイメージ通りだと思います。

でもしない人も大勢いるんです。そしてそのタイプは2通りにわけることができます。

プログラミングができないシステムエンジニア

ひとつは単純に「プログラミングができない人」です。

プログラミングってよくわからない英語みたいな言葉の羅列ですからね。

難しいし理解できないしやりたくない!無理!というエンジニアもたくさんいます。

技術も進歩しているので、昔は通用した技術が今ではまったく使えないものになっていることも多いです。

新しいことおぼえられないよー、こんなの自分が知っているプログラミングじゃない!って年配の方が大勢います。


プログラミングをしないシステムエンジニア

プログラマーを見下しているケースです。

日本の文化の悪いところですが、新人のときから「最初はプログラマーとしてプログラミングをメインに業務を行って、ゆくゆくはシステムエンジニアとしてステップアップする」と教えられていることが多いです。

また、プログラミングは割と誰でもできます。(以下の記事参照)

こういった経緯から「自分はシステムエンジニアだ。プログラミングなんてしない。プログラミングなんて若いやつにやらせておけ」謎のプライドを持つエンジニアがたくさんいます。

「システムエンジニアの自分はプログラマーより格上だ」と勘違いしているのです。

プログラミングする人もプライドが高い

いずれにしてもプログラミングをしないエンジニアはたくさんいます。


逆にプログラミングもやるシステムエンジニアやプログラマーからはこんな声も多いです。

「実際にどうやってプログラミングするのかをわかってないのに設計なんてできない!」

「こんなプログラミングもできないなんてシステム屋さんとしてどうなの!」



こちらはこちらでプログラミングすることに誇りを持っているんですね。

そうです。もうみんなプライドの塊なんです(笑)

誰が悪くて何が正しいのか?

これはもう、日本の文化ですね。

日本のIT企業ではキャリアプランとして、

「プログラマー」⇒「システムエンジニア」⇒「マネージメント」と設定していることが多いです。

プログラミングからはじめて、覚えた技術を活かして設計を行うシステムエンジニアへ、そして最後はプロジェクトや組織を管理する立場へステップアップします。


いや、これがダメなんです。


プログラミングも設計もマネージメントも別物です。

それぞれ必要なスキルも違いますし、向き不向きもあります。

ナゼ同じラインに並べてしまったのでしょうか…。


日本のIT業界は人材育成が下手すぎます。

優秀なシステムエンジニアがマネージメントに転換させられることによって、優秀なシステムエンジニアがひとり減ります。

その人がマネージメントも優れているとは限らないので、結局会社上層部は無能の掃きだめになってしまっているのです。



本件については以下でも説明しています。

まとめ

システムエンジニアでもプログラミングができない、しない人がたくさんいることはおわかりいただけたでしょうか?

知らない人からすれば、なおさらシステムエンジニアが何者なのかよくわからないですよね(笑)

なんかわからないけど、「必ずプログラミングをするわけじゃないんだな」、「システム開発に携わっている人なんだな」とだけ考えていただければいいかなと思います。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました